頭頂部の薄毛改善のために日常生活で注意したいこと

薄毛改善には日常生活を見直すことが大事

鏡で頭頂部を見るたびにため息が出る人も多いと思います。
これ以上薄毛を進行させないために育毛剤を使ったり、サプリメントを飲むことは一つの方法ですが、これに加えて日常生活でも注意したいことがいくつかあります。
そもそも薄毛が進行する要因は遺伝をはじめ、ストレスや間違ったヘアケア、食生活や生活習慣の乱れなど様々ですが、これらの要因は自分の努力で改善できることもあります。

 

例えば食生活については揚げ物、肉類、甘い物、辛い物を多く食べ過ぎると薄毛を進行させる恐れがあるため適量にすることが望ましいです。
ヘアケアについてはヘアケア剤を使いすぎたり、シャンプーをした時に洗い流しが不十分でシャンプーが頭皮に残っていると毛穴が詰まって抜け毛が促進することがあります。

 

生え際を復活させるためのポイント3

 

一方で頭皮の汚れを気にし過ぎてゴシゴシ洗いすぎると頭皮を傷つけたり、必要以上に皮脂を落とし過ぎて頭皮が乾燥して抜け毛が進行する恐れがあります。

薄毛が改善しなければ医師に相談

ヘアケアについては優しい洗浄力のシャンプーで頭皮をマッサージするように洗い、洗い残しのないようにお湯で流すのが最も良い方法です。
そしてストレスや睡眠不足も薄毛が進行するためできるだけ改善するようにしましょう。

 

それでも改善しない場合は医師に相談することをおすすめします。

 

生え際の後退には育毛剤!

頭頂部の薄毛を改善する効果が期待できる食べ物

 

薄毛には食生活が大きく関係する

頭頂部の薄毛で悩んでいる人にとっては毎日の食事を少し工夫するだけで症状を改善できる可能性があります。

ちなみに薄毛が進行しているということは抜け毛が進行しているということであり、まずはこれ以上の抜け毛をストップさせる必要があります。

 

遺伝が原因のはげには何が効く?

 

まず肉類や揚げ物類を食べ過ぎることは頭皮の皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まって抜け毛が進行するため、適度にしなければなりません。
その他にも頭皮の血流が悪いと髪に栄養が行かずに抜け毛が進行します。

 

緑黄色野菜やレバー類に含まれているビタミンAやビタミンEは頭皮の血流を改善させる効果や育毛効果が期待できる栄養素です。

育毛効果のある栄養分を食事に取り入れる

 

はげの原因を知って効果的に育毛!

 

更に青魚に含まれているEPAやDHAはドロドロの血流をサラサラにすることから、健康診断で中性脂肪が高いことを指摘された人はぜひ摂取したい栄養素ですが、頭皮の血流改善も期待できます。

 

そしてひじきやわかめをはじめとする海藻類に含まれているフコイダン(ぬめり成分)は体の毒素を排出する効果があり、ドロドロの血液からもコレステロールを排出してサラサラになることから、頭皮の血流を改善する効果も期待できます。

 

普段の食事でこれらの食べ物を適度に取り入れることをおすすめします。

 

おすすめはげ防止方法とは!?